昭和電工株式会社 大町事業所

信州昭和株式会社

大町事業所の主力製品である「黒鉛電極」は、スクラップを溶かして鉄として再生する電気製鉄炉で使われ、資源のリサイクルに大きく貢献しております。また、昭和電工の黒鉛電極事業は世界でグローバルに展開しており、2017年の事業統合により昭和電工は世界シェアNo.1のリーディングカンパニーとなりました。

その関連技術を活かし、リチウムイオン二次電池用の負極材といった次世代品の開発、製造にも積極的に取り組んでおります。

事業所名昭和電工株式会社 大町事業所
郵便番号〒398-0002
所在地長野県大町市大町6850
電話番号0261-22-0401
FAX0261-22-6442
URLhttp://www.sdk.co.jp
設立1939年(昭和14年)
資本金140,564百万円
代表大町事業所長 稲田 達也
社員数約300名(大町単独)
事業所本社/〒105-8518 東京都港区芝大門1-13-9
事業所/大町事業所、塩尻事業所、横浜事業所、等
関連会社信州昭和(株)等
取引先国内外の電気炉製鋼会社、等
売上高9,921億円(2018年連結)

関連記事

TOP